SOLAR EXPO ONLINE

施工会社必見!

太陽光パネル選びの重要性


太陽光パネルを適切に施工するためには、何よりも取り扱う商材選びが重要です。設置場所や屋根の形状に適した部材であるか、ひとつひとつ選定する必要があります。架台や取り付け金具の施工性は、思いのほか作業の進捗に影響するもの。もちろん最良のパフォーマンスを実現するパネル選びも、同じくらい大切です。山間部や傾斜地などの設置条件、積雪の有無などの気象条件を総合的に勘案し、利益を生み出す発電所を実現しましょう。

パネルの正しい選び方



ポイント1. 選ぶべきは長期で高効率を約束するパネル
パネルを選ぶ際に気になるのは変換効率。高い効率に加えて施工性、コストの三拍子そろったパネルがベストでしょう。20年間絶えず発電し続け、資産運用という目的を果たすには、長期の出力保証も欠かせません。

ポイント2. 最新鋭のパネルで、多様なニーズを満たす
複雑なニーズを満たすには、最新技術を活用するのも手。マルチバスバーやハーフカットセルを採用し電気抵抗を減らしたり、反射光をキャッチして両面で発電したりと、高性能パネルもラインナップ豊富です。

ポイント3. 発電所の価値を向上させる特化型パネル
個別の用途に特化したパネルは、施工性も考慮された設計に。ソーラーシェアリングや水上設置、カーポートなど目的に応じて選ぶことができます。用途にぴったりのパネルを選ぶことで、発電所の価値も高まります。


オススメ太陽光パネル


Tiger Pro

片面発電と両面発電の2種類。両面発電タイプは透明バックシートによる封止技術を採用し、モジュール重量を抑制しています。

Honey Black M TSM-DE08M(II)

産業向け、ソーラーシェアリングやカーポートなど、設置場所を選びません。電源損失を極限に抑え、最大380Wの高出力。

BLACKSOLAR

約84万軒の住宅に採用された太陽光発電システム。ルーフィット設計で屋根の大きさに合わせて効率よく設置できます。

SunMan/eArche「SMA-DW」

軽量モジュールの代名詞、SunMan社よりシリコン結晶系太陽電池モジュール「eArche」の新製品SMA-DWが発売!




架台選びは重要性


太陽光パネルを支える架台は、まさに縁の下の力持ち。発電所が安定して稼働するためには、20年間しっかりと耐え抜くにふさわしい性能の架台を選ばなければなりません。さまざまな地質に対応し、安定性に優れ、なおかつ施工性の高い架台。パネルの種類によっては広い可動域や柔軟性が求められることもあります。多くの条件をクリアした信頼性の高い架台こそが、発電所の資産価値を向上させるカギです。
 

架台の正しい選び方



ポイント1. その架台は屋根の形状に適した工法が可能か
一口に「屋根」といってもハゼ折板屋根、重ね折板屋根などその種類はさまざま。屋根に適合する架台を選ばなければ、雨漏りなどの問題に発展しかねません。屋根の形状に応じた工法が可能な架台を選びましょう。

ポイント2. 発電所の特徴にフィットする架台を選ぶ
架台の技術は日進月歩。発電所の用途や条件に合わせて選択することができます。例えば追尾式架台は、太陽の動きをパネルが追いかけ発電量を最大化します。設置場所の特徴に沿った専用架台も増えています。

ポイント3. 施工性の高さで設置コストを低減
施工性の高さは、架台に求められる条件として不可欠です。スムーズな施工は、工期の短縮や設置コストの圧縮につながります。設置現場に合った最適な架台と工法で、売電収益アップを実現しましょう。


オススメ架台


CGシリーズ野立て架台

安泰ソーラーで最も人気の製品。施工性がよく、各地質に対応でき、安定性にも優れています。低圧案件のコスト削減にも。

NWシリーズ野立て架台

傾斜地にも平地にも対応した、抜群に施工性の高いモデル。スライド機能によって施工現場で調整が可能。高圧案件で大好評です。

打ち込み杭基礎架台(東西南北調整可能タイプ)

平地、傾斜地はもちろん山地にも設置可能。設置角度は、東西南北に加え水平方向にも調整でき、柔軟性の高さに定評があります。

Heliosシリーズ D1追尾式架台

±50°の広範な自動追尾を実現。両面発電モジュールにも対応し、発電量の最大化を強力にサポート。高い安定性を誇ります。



パワコン選びは重要性


発電量を最大化するには、パワコンを正しく選ぶことが何よりも大切。発電所の運用の肝となるパワコンは、最大変換効率が注目されがち。しかし、施工性や機能性も重要なポイントです。出力制御に対応する機能があるか、停電時には自立運転が可能かなど、目的に応じた機能を正しく選択する必要があります。同様に、重量や持ち運びのしやすさを決める可搬性も見過ごせません。変換効率だけでなく総合的な判断が求められます。
 

パワコンの正しい選び方



ポイント1. 施工のしやすさに加え、操作性も見逃せない
軽量でコンパクトなパワコンは、設置工数の低減に貢献します。施工性の高さは、重要な判断基準になります。設置後の試運転などの動作確認のしやすさも、検討の際に考慮すべきポイントです。

ポイント2. 効率はもちろん、省エネ性能もチェック
発電量の最大化に資する変換効率は、誰もが注目する指標です。パーセンテージの高さも重要ですが、パワコンそのものの電力消費が多くては片手落ち。冷却方式や待機電力など、省エネタイプがおすすめです。

ポイント3. 制度やニーズを満たす機能を備えているか
もはや避けられない出力制御。対応型のパワコンであれば、迅速な応答が可能です。住宅用を中心に、非常時の自立運転機能へのニーズも高まっています。機能性という観点からパワコン選ぶことも大切です。


オススメパワコン


SUN2000-4.95KTL-JPL0

蓄電池システムと太陽光発電の両方に対応する単相三線式のハイブリッド型PCSです。筐体は小型・軽量で、作業員1人での設置工事も可能です。

SUN2000-20KTL-M3

三相200V、出力20kW、屋上案件に最適なPCSです。最大変換効率は97.6%、4回路独立MPPTを採用。遠隔地からストリングIV自動診断機能の利用も可能です。安全性の高さも特徴の1つです。

Sunny Boy 5.5-JP

17kgの軽量ボディで、一人でもスムーズに施工が可能。運用後も安心の自動監視サービスなど、4つの無償サービス付帯です。

完全自家消費専用パワーコンディショナ

自家消費システムに特化した、シンプルで高効率なパワーコンディショナ。不要な発電抑制を防ぎ、発電量の最大化を実現します。



蓄電池選びの重要性


FIT法改正を控え、太陽光は自家消費スタイルが主流になりつつあります。蓄電池は新スタイルのパートナー。導入の目的も多様化しています。ピークシフトや防災対応、さらにはVPP対応など多目的に使用できるのは蓄電池ならでは。用途に応じたタイプを選択することが、トータルのエネルギーコスト低減につながります。
 

蓄電池の正しい選び方



ポイント1. 自家消費時代、長期保証は大きなメリット
蓄電池に長期保証があることは、ユーザーにとって大きなアドバンテージ。コスト回収までのリードタイムが長くなりがちな大型案件では注目されるポイントです。自家消費スタイルでは、さらに重視されるでしょう。

ポイント2. 施工性が格段に上がったパッケージモデル
重量のある蓄電池は、設置場所にも配慮が必要です。最新モデルの中には、コンパクトなタイプを増えています。制御盤も一体となったパッケージ型などは、施工性も格段に向上しました。

ポイント3. マルチユースな蓄電池には高い対応力が必要
蓄電池は、実に多目的に使える優れもの。それは一方で、施工の煩雑さにつながりかねません。全負荷か部分負荷か、オフグリッドかEV対応のトライブリッドか。自家消費時代、施工にも高い対応力が求められます。


オススメ蓄電池


高電圧蓄電システムPOWER CUBEシリーズ

ラックマウントおよびコンテナ設置に対応する、商用・工業用の蓄電池システム。世界各地で豊富な運用実績を誇ります。

48V系 並列拡張型蓄電池US2000/US3000

グローバルな家庭用蓄電池市場でトップクラスのシェア。基地局のバックアップなど産業用直流電源装置の蓄電地にも適しています。

ハイブリッド蓄電システム POWER iE5 Link

蓄電システムと太陽光発電システムのパワーコンディショナを一体化した「ハイブリッド蓄電システム」。

完全自家消費専用パワーコンディショナ

自家消費システムに特化した、シンプルで高効率なパワーコンディショナ。不要な発電抑制を防ぎ、発電量の最大化を実現します。

ゲスト様

未読のメッセージがあります

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます

オンライン展示会に戻る▶︎