制度設計を読み解くプロフェッショナル! コンサルタントの選び方

ビジネス環境の変化するスピードが早い今、的確なアドバイスができるコンサルタントは重要性を増しています。制度設計がビジネスに大きく影響するエネルギー業界では、なおさらです。コンサルタントから外部の斬新な意見を取り入れ、事業の活性化を図ることは、自社の躍進に必要なステップとなります。

情報の鮮度を上げ事業の飛躍をサポートする

エネルギーを取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。
2020年10月、菅首相が2050年カーボンニュートラルの達成を宣言しました。太陽光発電設備や蓄電池に対するユーザーの意識は昨年と同じではありません。変化の激しいエネルギー業界で生き残るには、常に最新の情報をキャッチアップしながらニーズを的確に捉えることが不可欠です。

エネルギービジネスを成功に導くには、頼もしいパートナーが必要です。専門知識の豊富なコンサルタントこそ、ビジネスパートナーにふさわしい存在。マーケティングから販促手法に至るまで、幅広い知識と実績を兼ね備えたコンサルタントが最適です。加えて、今後はオンラインでの販売方法や社内研修なども欠かせません。時代を先取りした事業展開が、常に求められます。コンサルタントから外部の斬新な意見を取り入れ、事業の活性化を図ることは、自社の躍進に必要なステップです。

ポイント1. 制度改正にキャッチアップ

2022年4月に予定されているFIT法の改正に伴い、様々な制度にも抜本的な変更が発生します。そのため、これからのビジネスの成否を決めるのは、法制度にどれくらい精通しているかであるといっても過言ではありません。来たる制度改正に備え、臨機応変な対応をとることが、より一層求められます。複雑な制度設計を読み解き、わかりやすく伝えるコンサルタントは、まさに転ばぬ先の杖です。


ポイント2. 設豊富なユースケースを熟知

エネルギー業界に精通したコンサルタントは、それぞれのビジネスモデルの特徴をしっかり把握しています。B to BやB to Cといったモデルそれぞれに対し、的確なアドバイスができるのが信頼できるコンサルタントの証。また、新しい商材の情報をいち早く手に入れ伝えてくれるかどうかも、コンサルタント選びで重視したいポイントです。海外のトレンドも押さえたアドバイスが期待できれば完璧です。


ポイント3. 補助制度にも幅広く対応

毎年人気の補助制度には応募が殺到し、大変な狭き門となってしまいます。そのため、補助金の動向を早期に把握することは、補助金活用の可否を決めます。補助制度の有無は、ユーザーへの提案トークやスケジュールにも大きな影響を与えるため、早めの情報収集が欠かせません。国庫による補助制度だけでなく、地方自治体や業界団体の補助制度などにも精通したコンサルタントがいれば、貴重なビジネスチャンスを逃さずに済むでしょう。


自家消費型が主流となったことで、太陽光発電設備や蓄電池の活用シーンが多様化しています。商材の特徴だけでなく、電力システムや制度設計にも精通していなければ、新しいビジネスモデルを生み出すことは難しくなっていくでしょう。そんなときに頼るべきパートナーこそ、信頼できるコンサルタントです。

太陽光発電業界のコンサルタント


賢く使える! コンサルタント企業のサービス

【無料】ダウンロードレポート

経営・営業・管理手法などに関する小冊子です。企業様の「リアル」が詰まった冊子となっております。

法人向け電力切替えによる電気料金削減

法人向け電力会社一括見積りサイト「スイッチビズ」では、電力会社(新電力)のお切り替えを通じ、電気料金削減や脱炭素化を支援します。

【無料】会員制勉強会

スマートエネルギー業界の経営者 ・幹部 の方が140社以上参加されている勉強会です。業界最新情報・新ビジネスモデルの講座をきいていただくことや、全国の経営者の方と情報交換をしていただくことができます。

投資物件の販売支援(投資家の紹介~販売代行まで)

2万人超のネットワークを活かし、投資家様をご紹介。産業用太陽光発電所の販売仲介も、確かな実績の当社にお任せください。




ゲスト様

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます

未読のメッセージがあります

注目ブース

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

オンライン展示会に戻る▶︎