SOLAR EXPO ONLINE

工場・ビルオーナー様必見!

工場経営に新たな救世主!? 上がり続ける電気料金で増え続ける経営費用。コスト削減するべく、工場や倉庫へと徐々に広まっているのが「屋根上ソーラー」だ。使っていない屋根上の広いスペースを、コストダウンのための“新たな経営資産”として活用しよう。

施工会社の選び方


ポイント1. 事前確認はしっかり、操業への影響を防ぐ
既設の建物の屋根に太陽光パネルを設置する場合のトラブルで多いのは、雨漏りの発生です。耐震強度や構造設計を事前にしっかりと確認し、操業に影響することのないよう適切な施工業者を選ぶことが大切です。

ポイント2. 豊富な取付実績は対応力の高さを示す
取付実績と同様に、取り扱いメーカーの豊富さも重要な指標です。メーカーごとに異なる施工方法に柔軟に対応し、幅広い取付実績があることは対応力の高さの証。自社に最適な提案ができる可能性が高いと考えられます。

ポイント3. 決め手はトータルのエネルギー収支
太陽光発電を導入する目的のひとつは、電気料金の削減。自社で使用する電力のデマンドカーブに適した容量を選定する必要があります。発電と消費のバランスを把握し、適格なアドバイスができる業者が理想です。

関連製品・サービス


自社に自家消費型の「導入」をご検討の方へ

自社設備に導入する目的やご要望に柔軟に対応し、最適な自家消費型太陽光発電システムの導入を実現します。

太陽光発電オンサイトサービス

#太陽光発電 #初期費用ゼロ #メンテナンスは関電 #環境対策 #コスト削減

初期投資ゼロで自家消費太陽光発電設備の導入

これまで培った経験をもとに、初期投資ゼロで自家消費太陽光発電設備の導入を可能にする、PPAモデルを数多く提案。お客様のご要望に合わせ、最適な太陽光発発電システムをご提案させていただきます。

非連系タイプ蓄電式自家消費 PV Oasis

ニプロンが提案する非連系タイプ蓄電式自家消費システム「PV Oasis」は一般的な自家消費システムと比べ様々なメリットがあります。


 
 

電力会社選びは再エネ志向重視!


太陽光の自家消費と合わせて検討したいのは、再エネ志向の電力会社への切替えです。環境にやさしい事業運営は、企業価値の大きな向上につながります。もちろん、温対法や省エネ法などの定期報告にも活用が可能。近年はサプライチェーンの脱炭素化が脚光を浴び、取引先に再エネ電力の使用を求めるケースも増えてきました。ステークホルダーの多くが再エネ中心の考え方にシフトしつつあり、グローバルスタンダードとなりそうです。

新電力会社の正しい選び方


ポイント1. 電源構成と再エネメニューの有無をチェック
販売する電気がどのように発電されたかを示す「電源構成」は、食品でいう産地のようなもの。再エネ電源の割合を確認できます。再エネに特化したメニューを扱う電力会社もあり、選択肢が増えています。

ポイント2. 再エネ比率は削減コストとのバランスで検討
多くの電力メニューは、再生可能エネルギーの割合によって電気料金の削減額が変動します。まずは複数のシミュレーションを行い、再エネ比率と削減コストをバランスさせましょう。
  
ポイント3. 低い排出係数は定期報告制度でも有利に
再エネ志向の電力会社や電力メニューでは、排出係数がゼロもしくは低い値となっています。排出係数の低い電力契約に切り替えることで、温対法や省エネ法の定期報告での高い評価も期待されます。
  

オススメの電力会社


ENEOS太陽光買取サービス

買取価格8~11円/kWh(税込)という高水準の価格設定で、卒FITユーザー様の余剰電力を買い取ります。

多店舗向けエネマネシステム「エナッジ」

#省エネ #多店舗向け #AI予測 #ナッジ理論 #多数導入実績


ゲスト様

未読のメッセージがあります

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます

オンライン展示会に戻る▶︎