垂直設置型架台

ドイツの架台メーカーNext2Sunの垂直架台とLuxor Solarの両面ガラスモジュールのセット。両面ガラスモジュールとの併用により、条件によっては25%以上の収益性の向上が見込める垂直設置型架台!

両面ガラスモジュールを使用した場合、両面ガラスでない製品と比べると 10~15%の発電量の向上が見込めますが、これに垂直設置タイプの架台を併用した場合、条件によっては25%以上の収益性の向上が見込めます。
さらに、垂直設置型の太陽電池モジュールは設置に必要な面積が狭いため、モジュール間のスペースで耕作や放牧などが可能です。
また、雪や落下物の影響が少なく、粉塵の舞い上がりを抑制する上に汚れにくく、高いメンテナンス性も有します。日照量を確保することで本当の意味でソーラーシェアリングの実現につなげることができます。

電力買取価格との親和性

電気の買取価格は朝と夕方に高くなるため両面ガラスモジュールを垂直に設置すれば、買取価格が高い時間に発電量も高めることが可能です。これによって従来よりも高い収入を得ることができるのです。

垂直設置型モジュールは既存の斜め設置モジュールと比べ夏や冬の発電量の差が小さく一年を通して安定的な発電が可能です。

反射光及び拡散光による 発電効率向上

垂直垂直設置及び両面ガラスモジュールの使用により15%以上の発電量の向上が期待でき、さらに積雪の状況によっては30%以上の発電量向上が期待できます。
※周辺の物体の反射能や天候にもよっても異なります

積雪の影響を受けにくく汚れにくい

垂直に太陽電池モジュールを設置するため、積雪による荷重は非常に小さくなり、以下の3つの事項が実現します。
• 雪が溜まらず、汚れはガラス面を流れるためメンテナンス性が向上
• 落下物による破損のリスクが軽減
• 作物の倒伏、飛砂、粉塵防止効果

スペースの有効活用

各モジュールの前後に十分なスペースがあるためメンテナンスが容易です。

斜めや平置きの架台と違い、設置に必要な面積が狭くモジュール間で南北にスペースを設けることができるため日照量も確保でき、耕作、放牧など土地の有効活用が可能です。

垂直設置架台の実績動画

垂直設置型ソーラーシェアリングによって農地を農業と太陽光事業をバランスよく最大限に利用することは可能となります。
非常に高い交換効率のHJTセルを用いた裏面受電性の優れているルクサー・ソーラーの太陽電池モジュールは垂直型ソーラーシェアリングのために開発されたもので、Next2Sun社架台とのセット販売で日本上陸しています。
動画リンク

Luxor Solar 株式会社

  • ソーラーシェアリング
  • パネル
  • 架台

弊社はドイツの厳しい品質管理基準に基づき信頼性の高い製品を製造販売しております。
また、品質の高さのみならず、お客様のご要望に合わせて製品を開発、ご提供する柔軟性の高さも持ち合わせております。
太陽光発電において先進国であるドイツの新しい製品や技術を日本に紹介し、日本における太陽光発電の推進と環境にやさしく、景観等にも配慮した製品で太陽光発電業界全体のイメージアップに貢献してまいります。

他の製品

N型ヘテロ接合両面発電太陽電池モジュール

両面で太陽光を集積することで発電効率が格段にアップ!モジュール温度が高まっても出力の低下が低く、不具合が生じにくい!

ブース担当者に質問する
×
送信

ゲスト様

未読のメッセージがあります

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

オンライン展示会に戻る▶︎