RE100を目指す企業様必見!

RE100達成のメリットは?


RE100とは、2050年までに事業活動で使う電気の100%再エネ化を目指す国際イニシアチブ。今、世界中で急速に拡大し、多くの投資家が注目しています。国内では約35社の参加企業が、日本のエネルギーシフトをリード。RE100への参加表明は再エネ志向の経営を裏付け、企業価値を大きく高めます。しかし再エネの調達には、膨大な専門知識が必要。それをサポートするのが、複雑な制度や多様な調達手段に精通したディベロッパーです。
 

ディベロッパの選び方


ポイント1. 自家消費で一石二鳥の課題解決を目指そう
太陽光の自家消費は、RE100達成のための王道。さらに、電力需要のピークカットや購入電力コストの削減にも。自社に合った自家消費スタイルを探すには、まずは知識と経験の豊富なディベロッパーに相談です。

ポイント2. 長期にわたり多様な手段で検討を重ねる
RE100は、約30年という長期計画で再エネ調達を考えなければなりません。調達手段は、自家消費や非化石証書、Jクレジットなど多様化。最小コストで最大の結果を求めるなら、専門家のアドバイスが不可欠です。

ポイント3. 国内外の情報に精通したディベロッパーを
国際イニシアチブは年々増加し、他にも電動モビリティの普及を促すEV100や、エネルギー効率を倍増させるEP100などがあります。国内外の最新情報にキャッチアップしたディベロッパーがおすすめです。

おすすめのディベロッパー


COMING SOON!


 

電力会社選びの重要性


再エネ志向の電力会社との契約に切り替えることは、RE100達成にとって非常に有効な手段です。設備の導入や改修も必要ありません。また温対法や省エネ法などの定期報告にも、よい効果が期待されます。近年はサプライチェーンの脱炭素化が脚光を浴び、取引先に再エネ電力の使用を求めるケースも。ステークホルダーの多くが再エネ中心の考え方にシフトしつつあります。

新電力会社の正しい選び方


ポイント1. 電源構成と再エネメニューの有無をチェック
販売する電気がどのように発電されたかを示す「電源構成」は、食品でいう産地のようなもの。再エネによる電源の割合を確認できます。再エネに特化したメニューで差別化を図る電力会社もあります。

ポイント2, 再エネ比率は削減コストとのバランスで検討
多くの電力メニューは、再生可能エネルギーの割合によって電気料金の削減額が変動します。まずは複数のシミュレーションを行い、再エネ比率と削減コストをバランスさせましょう。
  
ポイント3. 再エネ特化型の電力会社で選択肢を拡大
再エネ志向の電力会社は、調達手段についてのノウハウを蓄えています。再エネ調達手段の中には、電力会社を通してしか行えない制度も。専門の電力会社と検討すると、調達の選択肢が広がります。
 

おすすめ電力会社


ENEOS太陽光買取サービス

買取価格8~11円/kWh(税込)という高水準の価格設定で、卒FITユーザー様の余剰電力を買い取ります。

太陽光発電オンサイトサービス

#太陽光発電 #初期費用ゼロ #メンテナンスは関電 #環境対策 #コスト削減

多店舗向けエネマネシステム「エナッジ」

#省エネ #多店舗向け #AI予測 #ナッジ理論 #多数導入実績


ゲスト様

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます

未読のメッセージがあります

注目ブース

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

オンライン展示会に戻る▶︎