SOLAR EXPO ONLINE

発電事業者必見!

「メンテナンスは不要」と誤解されがちな太陽光発電。しかし、2017年のFIT法改正でO&Mが義務化されました。20年もの長期にわたり高い発電効率を維持するには、質の高いO&Mが重要。パネルの洗浄や草刈りはもちろん、経年による施工のほころびやパネルの異常劣化など、万全の備えができていると言い切れますか? 現在の発電量だけに安心せず、資産運用という観点から適切なオペレーションを行うことが大切です。

O&M業者の選び方



ポイント1. アセットマネジメントの視点を持っているか
太陽光発電所は設備ではなくアセットという要素が大きいもの。適切に管理しなければ、利益を生むどころか損失を与えかねません。表面的な点検に終始せず、資産運用の視点でO&Mをプランニングすることが重要です。

ポイント2. ライフサイクルのすべてに総合的なO&Mを
発電所のO&Mは、設計から始まるといっても過言ではありません。求められるのは、総合的で一貫したサービス。施工や竣工検査、営繕、施設評価に至るまで、発電所のライフサイクルすべてにおいて適切なO&Mです。

ポイント3. 金融知識に基づいたマネジメントが可能か
発電所は、20年という長きにわたって運用する大切な資産。より大きな価値を生むには、金融知識に基づいたマネジメントが不可欠です。リスクマネジメントというアプローチからO&Mできる業者を選びましょう。


O&M業者


CO2O

特別高圧、高圧案件を中心に500MW超の管理実績。パフォーマンス、コスト、リスクを最適化し、発電所の潜在能力を高めます。

有限会社小澤メンテナンス

①不具合調査 ②性能診断 ③発電量回復(パネル洗浄、除草など) ④赤外線ドローン ⑤雑工事(パネル交換、PC交換、フェンス修繕、防草シート等)など多岐にわたります。

リコージャパン

リコージャパンの太陽光発電O&Mサービスは、安定稼働を強力にサポート。PCSのアラートを24時間監視し、エンジニアを迅速に派遣します。



発電所の長期運用に欠かせないといわれる隔監視システム。導入するとどのようなことが可能になるのでしょうか? まず発電した電力量がリアルタイムで確認できます。スマートフォンなどの端末に対応したシステムもあり、いつでもどこでもチェックすることが可能に。また設備の異常が検知されるとメールなどで即座に通知し、迅速な対応を可能にします。売電機会のロスを最小に抑え、重大な故障を未然に防ぐために重要なシステムです。



遠隔監視システムの選び方



ポイント1. 長く使うからこそ、操作しやすいシステムを
遠隔監視システムは、インタフェースのわかりやすさも重要なポイント。PCSごとに異常箇所の特定ができるか、スマートフォンなど手持ちの端末に対応しているかなど、使いやすいシステムを選びましょう。

ポイント2. 出力制御対応型やPCSの汎用性もチェック
遠隔監視システムがPCSメーカーに対応しているかどうかは、早めの確認がおすすめ。汎用性の高いものが便利です。出力制御の際、万が一の通信途絶をいち早く知らせてくれるのも、遠隔監視システムならではの利点。

ポイント3. 全発電所をまとめて監視、管理コストも削減
複数の発電所をまとめて管理する場合も、汎用性の高い遠隔監視システムならPCSメーカーがバラバラでも問題ありません。全発電所をひとつのシステムで監視すれば、管理コストの軽減にもつながります。


おすすめ遠隔監視製品


SmartPV

太陽光発電遠隔監視システム

L・eye

業界トップクラスのシステム対応力とPCS毎の高機能監視で幅広く選ばれ続ける遠隔監視システム。追加機器不要で出力制御にも標準対応。

特高・高圧太陽光発電システム『SOLAR SPEC』シリーズ

発電所の個性に合わせた効率の良いSOLAR SPECを選定ください。特高設備・受変電設備そして遠隔制御・監視までお任せください。

ゲスト様

未読のメッセージがあります

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます

オンライン展示会に戻る▶︎