SAVeR-H(セイバーH)

高効率ハイブリッド型パワーコンディショナと公称容量6kWhリチウムイオン蓄電池ユニットによる低圧・住宅用蓄電システム。

相数単相二線(単相三線に接続)

最大変換効率96%

最大定格出力5.9kW

重量27kg

対応電圧450V

低圧50kW未満自家消費向けに最適なハイブリッド蓄電システム。公称容量6kWhの蓄電ユニットを2台まで接続可能。AC200V/3kWmaxの全負荷対応。出力抑制に対しては負荷追従機能により自家消費量を割り引いた出力制御が可能。停電時の自立運転自動切換え機能を備えています。

ハイブリッド蓄電システムSAVeR-H

太陽電池パネルに蓄電システムを組み合わせて1台5役をこなす、ハイブリッド蓄電システム。昼は、太陽光で発電した電力を①[使う]、余った電力 ②[蓄電する]、さらには ③[売電する]こともできます。夜は、 ④[蓄電池から電力供給]、そして安価な ⑤[深夜電力を充電]して使うこともできます。昼も夜も活用し電力の自給率が大幅にアップします。

AC200V / 3kWmaxの全負荷対応

AC200V・最大3kW の高出力により液晶テレビ、冷蔵庫、炊飯器、電子レンジなど、各種電気製品に加えて、IHクッキングヒーターや大型エアコン、エコキュートなどの200V電気製品も使用できます。最大6kWのパワーコンディショナにより6kW のうち、3kWを宅内の電気機器に、残りの3kWを蓄電池の充電に回すことが可能。電気を使いながら充電することができます。

停電時、自立運転自動切換え対応

停電を検知すると、自動でリチウム蓄電池から電力供給を始めます。DICT(デュアルインバータ・テクノロジー)により、200V で分電盤に電力を供給できるので、深夜のふいな停電でも各部屋のシーリングライトの点灯やコンセントの使用が可能で安心できます。

ニーズに応じてシステム拡張が可能

別のセイバーH やデルタ電子製パワーコンディショナを接続・増設することで太陽光ハイブリッド蓄電システムを拡張することが可能。最大3台のパワーコンディショナの接続ができ、9.9kWから25.7kWの出力が可能。また、小規模の事務所・店舗などでは、太陽電池の接続枚数を増やし、複数台のパワーコンディショナを設置することで、太陽光発電量を増やし、より多くの消費電力を太陽光で賄うことが可能です。

デルタグループ紹介ビデオ

デルタグループは世界有数のスイッチング電源、冷却ファンメーカーであり、またパワーマネジメント、電子部品、ディスプレイ、FA、ネットワークから再生可能エネルギーソリューションまで広範に渡る機器とサービスを提供しております。1971 年に台湾で創業し、現在では世界各地に営業拠点と製造拠点を擁しております。日本国内においてはパワーコンディショナ出荷実績2.6GW(2019年9月現在)となります。

資料を請求する

正しいメールアドレスを入力してください
未入力・未選択の項目があります
  • 企業名:
  • お名前:
  • メールアドレス:

担当者に聞く

  • 企業名:
  • お名前:
  • メールアドレス:
正しいメールアドレスを入力してください
未入力・未選択の項目があります

希望する連絡方法

デルタ電子株式会社

  • パワコン
  • 販売
  • 産業用(自家消費型)
  • コストを抑えたい

デルタグループはPV 用パワーコンディショナにおいて効率99.1%と高水準な効率の高い製品を提供しています。日本国内においてもPCS出荷実績2.6GW(2019年9月現在)、住宅太陽光発電および分散型産業用パワーコンディショナのリーディングカンパニーです。

チャットする

ゲスト様

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます

未読のメッセージがあります

注目ブース

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

オンライン展示会に戻る▶︎