集中豪雨や激しい台風にも耐えうる! 水上フロート架台の選び方

時に過酷な環境となる水上でも絶えず安定的に発電を続けるには、信頼性にすぐれた架台が不可欠。水上太陽光発電所の安全運用を支えるのは、まず第一に水上フロート架台です。

信頼できる架台に必須の耐久力と柔軟性

溜め池などの水面にパネルを浮かべて発電する水上太陽光発電所。地上と異なり水面は絶えず揺れ動くため、非常に不安定です。また、水面は日光や強風の影響も受けやすい環境。パネルを支える水上フロート架台の役割はさらに重要です。水上フロート架台が適切に機能しなければ、台風などによる強い風でパネルが流されたり、めくれあがったりといった事故につながります。

水上設置の太陽光発電所に多いのが、溜め池のオーナーが地方公共団体であるケースです。賃貸借契約などによって溜め池の使用許可を取得し、発電所の建設がスタートします。長期にわたって発電事業を営むには、地域や住民の方々の信頼を得ることから始めなければなりません。水上フロート架台は、発電所の安心・安全を担う重要な部材のひとつです。様々な設置条件を設計に組み入れたうえで、高い耐久性を備えた架台を選びましょう。


ポイント1. 高耐水性と高耐久性はマスト

水上設置の太陽光発電所を支える水上フロート架台には、長期間の風雨に耐え抜く強靭さが求められます。周りにさえぎるものがない水上では、紫外線によるダメージも受けやすくなります。終始水に浸かっている部材は、劣化も進みやすくなりがちです。20年間という長期にわたる発電を確かなものにするには、水上フロート架台の信頼性が重要です。耐水性や耐久性の高さは、最初にチェックすべきポイントです。


ポイント2. 設置条件に適する設計を

水上太陽光発電所は、様々な条件を考慮する必要があります。地上の発電所と設置条件が大きく異なるからです。最低水位や最高水位に加え、強風時の最高風速などを 考慮して設計することが大切。近年は台風が強力になったり、豪雨に見舞われたりといった災害も増えつつあります。設置条件に柔軟かつしっかりと対応できる水上フロート架台を選びましょう。


ポイント3. メーカーの対応力もチェック

ユーザーのリクエストに柔軟に対応してくれる架台メーカーなら、稼働後も安心です。溜め池などに設置されることの多い水上太陽光発電所。溜め池の所有者が地方自治体であることもしばしばです。様々なステークホルダーと信頼関係を醸成することも、地域に愛される発電所になるために欠かせない要素でしょう。迅速なコミュニケーションや対応力は、水上フロート架台選びで気を付けたいポイントのひとつです。


水上フロート架台選びでは、耐久性に注目しがち。しかし、適切なデータを組み込んだ設計や稼働後の対応も、同じくらい重要なものです。

高品質の水上フロート架台


ニーズに合わせて柔軟な対応ができる架台を

水上フロート架台

中国国内トップレベルの累計出荷量120MWを誇る水上フロート架台。第三者機関に認められた確かな品質で多様なニーズに応えます。


ゲスト様

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます

未読のメッセージがあります

注目ブース

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

オンライン展示会に戻る▶︎