発電最適化!「オプティマイザの選び方」

オプティマイザは、太陽光発電システムの発電最適化を実現し、発電量の向上に貢献するソリューションです。経年とともに大きくなるミスマッチ損失を低減し、建設コストを抑え、発電所の価値を飛躍的に高めます。

発電の最適化!「オプティマイザの選び方」


オプティマイザは、太陽光発電システムの発電最適化を実現し、発電量の向上に貢献するソリューションです。経年とともに大きくなるミスマッチ損失を低減し、建設コストを抑え、発電所の価値を飛躍的に高めます。

オプティマイザが改善する「発電所の価値」


既存の発電所の「リパワリング」は、土地の少ない日本では特に重要です。限られたスペースで最大の発電量を得るには、経年劣化や影などによる影響を最小限にとどめなければなりません。それを可能にするのが、オプティマイザによるリパワリングです。

様々な要因によって発生するミスマッチ損失を抑え、発電量を高める。オプティマイザは、発電設備における投資対効果を大きく改善させます。既存システムの価値を高めるなら、適切なリパワリングが欠かせません。

「太陽光発電所はメンテナンスフリー」という考えは過去のもの。これからのO&Mにおいては、効果的なリパワリング手段を講じることが当たり前となっていくでしょう。今ある発電所の効率を高めることは、長い目でみれば経済合理性にすぐれた選択なのです。


ポイント1. まずはシミュレーション!
発電所の効率改善を始めるなら、どれくらいのミスマッチ損失が発生しているかを把握することがスタートライン。最大出力と実際の出力とのズレを試算し、出力向上のポテンシャルを知る。特に山中の発電所では、木陰などによる影響も見落とせません。「日影による発電低下は仕方ない」とあきらめる前に、まずはシミュレーションで改善の余地を探りましょう。

ポイント2. 既設案件へ後付けできる!
オプティマイザは、稼働済の発電所に後付けで導入することも可能です。「経年につれて発電量が下がってきた」という案件にぴったり。確実にコストを回収し投資対効果を高めるなら、リパワリングを検討しない手はありません。経年劣化によるミスマッチ損失の増大は、オプティマイザによって改善できる課題です。

ポイント3. 新設の発電所にも効果的!
新設の発電所において、「BOSコスト」と呼ばれる周辺機器や工事費などのコスト低減は、投資対効果を高めるうえで重要なポイントです。例えば、1つの接続箱に従来の2倍の数のモジュールを接続できれば、BOSコストを大幅に抑えられます。最新のオプティマイザで、発電量の向上と周辺コストの低減を同時に実現すれば、発電所の価値は飛躍的にアップします。

太陽光発電所の投資対効果を高め、長期安定的な運用を実現するには、発電低下を抑えることが最大の課題だといって過言ではありません。まずはオプティマイザによるリパワリングの可能性を探ることが、発電所の価値向上につながります。

オススメのオプティマイザ


ストリングオプティマイザ V1500シリーズ

最大出力27.7kWのV1500シリーズオプティマイザは、1500V系システム(新設・既設を問わず)を最適化します。

ストリングオプティマイザ V1000シリーズ

最大出力11.4kWのV1000シリーズオプティマイザは1000V系システム(新設・既設を問わず)を最適化します。

ストリングオプティマイザ V750シリーズ

最大出力8.7kWのV750シリーズオプティマイザは750V系のシステム(新設・既設を問わず)を最適化します。

ストリングオプティマイザ V600シリーズ

最大出力6.8kWのV600シリーズオプティマイザは600V系のシステム(新設・既設を問わず)を最適化します。



オススメのマイクロコンバータ


「solhueru™」(ソルフェル)

モジュールの一部に電柱や木の影がかかっても、ストリング全体の発電量の低下を最小限に抑えられるマイクロコンバータです。

ゲスト様

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます

未読のメッセージがあります

注目ブース

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

オンライン展示会に戻る▶︎