SDGsとの親和性も高く注目! ソーラーシェアリングのススメ

土地利用率を上げるソーラーシェアリングは、農業経営を安定させながら、循環型経済とも調和する営農スタイルです。環境にやさしい次世代型農業が今、注目を浴びています。

環境にやさしい次世代型農業、ソーラーシェアリング

土地利用率を上げるソーラーシェアリングは、農業経営を安定させながら、循環型経済とも調和する営農スタイルです。環境にやさしい次世代型農業が今、注目を浴びています。

SDGsとの親和性も高いソーラーシェアリング 

「営農型太陽光発電」とも呼ばれるソーラーシェアリングは、農地の上に太陽光パネルを設置し、農業と発電の両方を同時に営みます。2018年、農林水産省が制度を見直し、参入しやすい環境が整えられました。ひとつの土地で農業収入と売電収入を同時に得られるため、土地利用率を向上し、経営の安定に貢献します。

また、農業に必要な電気を太陽光発電設備から賄えば、クリーンで自立した営農の確立をサポートできます。環境に与える負荷を軽減し、社会の持続可能性を向上することも期待されます。国連のSDGs(持続可能な開発目標)が広く世間に浸透した現在、環境にやさしい営農のあり方としても大きな注目を集めるでしょう。

ソーラーシェアリングでは、あくまで農業が主軸。認定にはいくつかの条件があり、必要な資材選びにもコツがあります。ポイントを押さえて、次世代型の営農スタイルを実現しましょう。

ポイント1. 売電収入で農業経営を安定させる
ソーラーシェアリングという名前は、太陽の光を農業と発電で分け合う(=シェアする)ことに由来します。ソーラーシェアリングのメリットのひとつは、農地で発電した電気を売電して安定的な収入を確保できること。売電収入による農業経営の安定化は、日本農業の大きな課題である後継者不足の解消にもつながります。耕作放棄地を活用すれば、さらなる地域活性化ももたらすことができるでしょう。

ポイント2. 作物の「光飽和点」を知ろう
ソーラーシェアリングは農業が主体であることが大前提です。そのため、ソーラーシェアリングを継続する条件が平均収穫量の8割とされています。収穫量を落とさないためには、パネルの角度調整などによる日射量のコントロールが重要。すでに多くの実証によって、ソーラーシェアリングに適した作物が検証されています。まずは、作物の成長に必要な光の量(光飽和点)を知ることがソーラーシェアリングのファーストステップです。

ポイント3. 作物を守る架台の重要性
パネルの下で作物を育てるソーラーシェアリングでは、発電設備の安全性や耐久性がより一層求められます。中でも、パネルを支える架台には高い長期信頼性と耐候性が欠かせません。長期間の風雨や直射日光にも耐えられる頑丈な架台があって初めて、安心して農業を営むことができるのです。ソーラーシェアリング専用の架台選びでは、設置実績に加えどういった作物の栽培実績があるのかもチェックするとよいでしょう。


農業経営を安定化させ、耕作放棄地の解消や後継者不足の解消につながるソーラーシェアリング。これからニーズが高まる「低環境負荷」という価値観にも合致する、未来志向のスマートな農業スタイルです。

ソーラーシェアリングにオススメの架台


ソーラーシェアリングにオススメの架台

ソーラーシェアリング架台

ラインナップは、野立てタイプと三角棚付けタイプの2種類。土地の利用率を高め、農業経営の大規模化に貢献します。

がっちりHOUSE 5

高耐久性&低コストな鉄骨+ポリカハウス。ハウスの屋根にパネルを設置、その電気を使ってハウス内で農業や養殖ができます。

Maxar EneZone

丸い形状を活かした多目的ドーム型ビニールハウス。

ゲスト様

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます

未読のメッセージがあります

注目ブース

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

オンライン展示会に戻る▶︎